家づくり全般

家づくり全般のカテゴリです。

スポンサーリンク
ヘーベルハウス

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)vsパナソニックホームズ・向いている人・共通点違いを比較検証

地震に強い会社として、大震災で大きくアピールしたのがヘーベルハウスでおなじみの旭化成ホームズです。2021年1月に集計したブログ村登録数も6位と安定した順位を維持しています。今回は旭化成ホームズとパナソニックホームズを 比較し、共通点とそれぞれのハウスメーカーが向いている人について比較検証します。
家づくり

床下点検口が何故後悔ポイントになったのか? パナソニックホームズ実例

どうも浅雲(あさぐも)です。今回は浅雲家で発生したちょっと後悔しているポイントである、HEPA+の床下点検口の位置についてです。かなり地味な後悔ポイントなのですが、設計段階での検討が必要な部分とはなりますので、まだ建築前の方で同様な問題が起こり得そうな方は参考にしてみてください。
家づくり

【入居一周年】オール電化注文住宅一年間の電気代推移・パナソニックホームズ実例

入居一周年が経過し、一年間の電気代が出そろいましたので、浅雲家の電気代の実例から、パナソニックホームズほぼほぼ標準仕様の住宅の電気代がどの程度なのかの参考にして頂けましたら幸いです。年間の電気代は冬場と夏場で完全に二分化された形となりました。暖房をつけるかどうかで大きく電気代が左右されます。
パナソニックホームズ

【入居一周年】パナソニックホームズ・アンケート良い点悪い点公開回答

早いもので浅雲家も入居一周年を迎えました。ちょうど折よくパナソニックホームズからも一周年のアンケートが届いておりましたので、こちらに公開回答しながら一周年を振り返りたいと思います。アイキャッチ画像は浅雲家の本日4月14日に撮った写真です。一年たった今でもキラテックタイルは美しさを保っています。
ハウスメーカーランキング

【2021年4月】ハウスメーカーランキングTOP10~ブログ村新規登録数比較

今回は2021年に入り前回の集計から約3か月間、四半期が経過した段階でのブログ村登録数の増加数をランキング形式でお伝えします。2021年直近で伸びているハウスメーカーはどこか? という観点でご覧頂けましたら幸いです。
外構工事

【注文住宅】2021年3月庭の雑草対策と現状実例~花壇・植栽

注文住宅は土地の上に独立した建物ができることになるため、大小こそあれ庭や車を置くスペース等の外構部分ができることになります。全てをコンクリート等の何らかの手段で覆ってしまえば雑草からは解放されますが、やはり少々は木々による潤いが欲しくなる方が多いと思います。今回は浅雲家の庭の活用と雑草対策の実例を1年間の経過を含めてお伝えいたします。
住宅ローン

【2021年】初年度の住宅ローン控除確定申告~はじめての簡単実例

注文住宅を建てられた場合、多くの方は住宅ローンを利用することになるでしょう。その際、初年度には必ず確定申告という仕組みを利用した納税が必須となります。こちらは給与所得者いわゆるサラリーマンは通常不要のため、縁のない方も多いと思われます。今回は浅雲家の住宅ローン確定申告の実例をお伝えします。
家づくり

【2021年2月】注文住宅~冬早朝の室内温度について・パナソニックホームズ実例

何度か繰り返し書かせて頂いておりますが、浅雲家が建てたパナソニックホームズの標準仕様は現代の注文住宅基準でいえばけっして高気密高断熱とはいえません。ただ逆に言えば、現在の注文住宅、鉄骨住宅が冬にどれくらいの室温になるのか? は皆様ご興味があると思います。
Web内覧会

Web内覧会⑱歩道切り下げ工事編~パナソニックホームズ・カサートS

浅雲家で当初想定していなかった工事のひとつがこの「歩道切り下げ工事」です。敷地の道路が歩道に面しており、駐車場になる部分との段差が大きい場合は必ず必要となる工事です。工事前の状況については以下の記事で書いたのですが、完成後については触れていなかったので、せっかくなのでWeb内覧会の続きとして書かせて頂きます。
家づくり

新たな後悔ポイント!冬場の電気代が高騰?~パナソニックホームズ実例

前回、後悔ポイントまとめ記事を書いたばかりですが、新たな後悔ポイントが出てきましたので書きたいと思います。新たな後悔ポイント、それは冬場の電気代高騰です。上記グラフを見ていただければわかる通り、1月の電力消費と電気代支払いがほぼ倍になりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました