費用節約

スポンサーリンク
予算

【注文住宅】予算オーバーによる後悔を防ぐ4つのおすすめ対応策~請負契約後の場合・パナソニックホームズ実例紹介

注文住宅では、請負契約前にいろいろ考えて事前にもりこんでいたとしても、やはり契約後に上位のものに変えたくなったり、知らない選択肢が出てきたりして予算をオーバーする場合が多々出てきます。今回はそうなった場合に、私が考えるどういうところに気を付けて対応するのがおすすめか? を解説いたします。
契約前に決めること

注文住宅予算オーバーを防ぐ4つのポイント~請負契約前編・パナソニックホームズ実例紹介

注文住宅は外壁や窓、床材にいたるまであらゆる部分について沢山の選択肢があります。一生に一度の注文住宅であると考えると、どうしてもいろいろ盛り込みたくなり、当初想定していた予算を大幅にオーバーしてしまうことが往々にしてあります。そんな中、浅雲家の場合はほぼ当初想定していた予算とほぼほぼ近い金額にて注文住宅を建てることができました。
家づくり

注文住宅・固定資産税を安くするための6つの節税対策~家屋調査の実例紹介

注文住宅を建てた後にかかる費用として避けて通れないのが「固定資産税」です。その算定を浅雲家は2020年3月に引き渡し自体は行われたのですが、表題登記の完了が遅れたこともあり、家屋調査の連絡がきたのは6月でした。今回は固定資産税を安くするための節税対策と浅雲家で行われた家屋調査の実例を紹介します。
登記

注文住宅を自分で登記して2万節約!自力での所有権保存登記①~必要書類準備編・初心者向け実例

建物表題登記が完了し、次に実施するのが「所有権保存登記」となります。こちらは自分で行うと司法書士に頼んだ場合にくらべて2万前後の節約になります!建物表題登記と比べると図面作成がない分はるかに簡単ですので、時間のある方は解説を参考にして頂き是非チャレンジしてください!
パナソニックホームズ

10万節約!注文住宅自分で建物表題登記④修正&立ち合い編実例紹介

浅雲家はパナソニックホームズで注文住宅を建てましたが、登記に関しては自分でできるところは自力でやりました。中でも最難関である建物表題登記は、難しいからこそ土地家屋調査士に支払う報酬分の10万円は節約できる登記となります。
パナソニックホームズ

申請書&提出編~注文住宅の登記費用を10万節約!初心者向け「表題登記」のやり方を丁寧に解説③

基本的には申請者の情報と建物の情報の記載となりますので、大きく詰まる部分はないかと思います。今回の申請書も新築登記.com様のものを使用させていただきました。テンプレートにも注意事項が記載されており、入力欄に記載することで完成しますので合わせてご確認ください。以下少し注意が必要な部分について記載します。
家づくり

図面作成編~注文住宅の登記費用を10万節約!初心者向け「表題登記」のやり方を丁寧に解説②

必要書類準備に続き、いよいよ図面作成に入ります。基本的には建築確認申請の図面を見ながら作図していくことになりますので、時間さえかければ大丈夫です。だいたい半日程度あれば完成すると思いますので、10万円節約のために頑張りましょう。
登記

注文住宅の登記費用を10万節約!初心者向け「表題登記」のやり方を丁寧に解説①~流れと必要書類準備編

注文住宅の登記を自力で行うことで、注文住宅え最後に行う費用を少しでも減らすことができます。今回は注文住宅の登記の中でのほとんどの方は最初にして最大の難関である「表題登記」についてやり方を出来るだけわかりやすく解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました